蒲田のバー グランプリの店内

Information

「12月の営業について」
12月の店休日は各日曜日と31日です。それ以外は通常営業となります。よろしくお願いいたします。(2016.12.01)


News

「クロフテンギア」入荷
南ハイランドのロッホローモンド。フェノール値50ppmのモルトをクロフテンギアと呼びます。このボトルはクーパーズチョイスの物です。ブレンデッドにほどほど回されるので、シングルモルトとしては珍しいです。(2016.11.01)


「ラッキーキャット」入荷
本坊酒造の社長がかって飼っていた黒猫の「アッシュ君」をラベルにデザインしたブレンデッドウィスキー。猫好きにこそ飲んでいただきたい。(2016.10.03)


「OMAR」再入荷
台湾第2のウィスキー蒸留所「南投蒸留所」のシングルモルト。オロロソとバーボン樽の熟成品。前回は高人気であっという間に売り切れましたが、再入荷となりました。もちろん日本での入手は不可能です。(2016.10.03)


「グレンリベット12年 ファーストフィル」入荷
国内未発売、最新の12年。リベットの酒質でファーストを採用し、しかも12年熟成品とは少々面白いではないか。欧州向けのファウンダーズが不評だから出したのかしらん・・・? 現行の12年との違いや如何に?(2016.09.08)


「グレンリベット サイファー」入荷
2014年に世界を震撼させた「アルファ」の第二弾!四年前と同じくレシピは謎に包まれており、その色すら漆黒のボトルによって伏せられている。正にミステリアスなシングルモルト。(2016.08.22)


「ウルフバーン・ハンドクラフト・シングルモルト」入荷
2013年から蒸留を開始した、スコットランド最新にして最北端の蒸留所。ハンドクラフトに徹底的にこだわる作り手。その待望のファーストボトルが日本に上陸しました!(2016.08.01)


「ラガヴーリン8年・200周年記念ボトル」入荷
2016年で開設200周年を迎えたラガヴーリン蒸留所のバイセンテナリー(200周年)ボトル。16年に比較して全体的に濃厚でガッシリきてます。(2016.08.01)


「南投酒廠 OMAR」入荷
KAVALANに次ぐ、台湾第二の蒸留所が「南投酒廠(ナントウジュウチャン)」。観光地で有名な「日月潭(リイユエタン)」の西側に位置し、2010年から蒸留を開始した新しいウィスキー蒸留所。日本では入手困難(不可?)ですが、バーボンとシェリー樽熟成のシングルモルト2種がリリースされており、当店はその2種類が入荷しました。(2016.07.02)


「ラフロイグ カーディス2016」入荷
毎年限定でリリースされる、ラフロイグの会員限定ボトル。2016版はマディラ樽でフィニッシュを掛けたそーです。(2016.07.01)


「キルホーマン・ロッホゴルム2016」入荷
2016年版のロッホゴルムが入荷しました。100%をシェリー(オロロソ)樽で6年熟成。毎年一回のみリリースされる同蒸留所の限定シングルモルト。(2016.06.10)


「ジェイコブス・クリーク」入荷
ウィスキー樽(スコッチ、カナディアン)で後熟させた面白い赤ワイン。ぶどう品種はオーストラリア産のカベルネSとシラーの2種類を使用し、それぞれに異なったキャラクターを演出しています。(2016.06.03)


「キルホーマン サナイグ」入荷
キルホーマンの最新作。マキャーベイと同じく同蒸留所の定番として登場。マキャーベイと逆の、シェリー 7: バーボン3のレシピだそうです。キルホーマンは以前と比較して、かなり品質が上がったと思います。(2016,06.01)


「グレンモーレンジ ミルション」入荷
同蒸留所のプライベートボトル第7弾。ポルトガル赤ワインの樽をチャーして、糖分をカラメル化させた後、フィニッシュに使用したそーです。なので、かなり甘い。ちょっと原酒は若いかなぁ‥‥。(2016.05.02)


「ロイヤルブラックラ12年」入荷
北ハイランドのシングルモルト。グランツのドレッシングだそうです。年数表記もしっかり入っている所が昨今のオフィシャル品としては嬉しい限り。やはりそこには、「ごまかし」のない飲みごたえ、骨格、コク、厚み、熟成感を感じます。このタイプ、個人的にも好みです。(2016.05.01)


「ボンタンアメのお酒」入荷
昔懐かしいボンタンアメがお酒になりました。作り手はマルスウィスキーで有名な鹿児島の本坊酒造。本物のボンタンアメと合わせてお試しを。(2016.05.01)


携帯・スマートフォン用サイトもございます。
QRコードからご覧いただけますので、
是非ご覧ください。

携帯サイト[QRコード]
■携帯サイト